Holy Fool

つかの間の私を、永遠の私に捧げなさい Sri Anandamayi Ma


コメントする

井上哲玄老師への質問     ①

FSCN0121

ことばで表現するのがどうにもむずかしく
できるかはわからないが とにかくはじめてみよう。

2014年 私は年内にどうしてももう一度井上哲玄老師にお会いしたいという
強いおもいがあった。http://tetsugen.jimdo.com/
1月に映像で老師の存在を知り 2月に浜松の寺カフェに参加
映像を見ての自分の理解、疑問を直接質問して かなりの勘違いがあったことがわかった。

10月はじめに東京で禅会があり 参加した方々の質問への
老師の返答を 時に驚きとともにきいた。

質問は 自分のこと・・・いま 自分にとって問題になっていることが肝心だ
ひとからみてどんなにつまらないことのようにみえても
身動きがとれなくなっている その根のところ
そこを老師は見抜いて答えられる。

11月の浜松では 私には三つのもやもやがあった。

ひとつには 2012年に起きた車同士の衝突事故のことだ。
心身ともに いろいろなひとのサポートを受け
1年かかって自分なりに気持ちの決着をつけたはずだったが
さらに1年たって首、肩の痛みが出てきた。
原因は定かではないのに「この痛みはあの事故のせいにちがいない」と
痛むたびに一時停止を無視してぶつかってきた相手への怒りがわいてくる。

哲玄老師のお師匠さまであり父上である「井上義衍老師語録」には
九九番「 相手はいない」に良寛さんの話がある。

月をながめていて畑に入り込み芋どろぼうとまちがえられた良寛さん
捕らえられて打たれたが言い訳せず
「打つものも、打たれるものも、みなともに、如露亦如電、応作如是観」と。
  
「畢竟自己のないことを自覚せる力によって自他共に厄から脱れることを得た。
 ただ打たれて痛かったばかり。それがそれであった。相手はどこにもいない。」と義衍老師

良寛さんのすばらしいお話としてきくぶんには納得できるが
自分だったら とおもうととてもできない。考えられない。
私は芋どろぼうではありません とすら言わないなんて
いまの世間は自分の言いぶんの証明のやりあいばかりだというのに。

私は事故のことをおもうと
なぜかこの良寛さんの話がうかんだ。

私が良寛さんのようにできた人間なら 相手をうらまないのだろうか
禅の理解があったらどう応答するんだろう

自分のいまの感情を話すと
老師「それは執着でしょ?」
(執着だってことは私だってわかってます。。。心の声)

老師「ぶつかったのは一瞬でしょ」
私  「はい」

早い話これで終わってしまった。

終わってしまった・・ということがわかった。

口は「はい」と言って
でも・・・そんな・・・あれこれが少しもわいてこなかった。

私「事務的なことが・・・」
老師「そりゃ事務的なことはしなければなりません。
   本人同士だと感情的なことがあるから第三者をたてるんでしょ」

私「良寛さんのようにはおもえない」
老師「まねしようったってダメですよ。
    これは良寛さんという底抜けのひとの話です。」

老師が「一瞬でしょ」と答えられたときに
私はいわゆる答えではない答えを受け取った

受け取ったということばは的確ではなく 知ったことばで言えば共鳴 交感だろうか。  

ずっとあった湿ったものが からっとなった感覚

これこれこういうことをすれば、こういうおもいでいれば解決しますよ
という答えではない 答えだった。

同じ問いでも質問者が違ったり、私が首にギブスでもしている状態だったら
違った答えだったかもしれない。

東京の禅会で「老師のお話はすばらしいけれど 私のかゆいところを
 掻いてはくれない」というようなことを言った女性のことばをおもいだす。

禅では独参というものがある。
老師も「直接 会いに来てください」とおっしゃっている。

私が参加した11月の寺カフェは五日間の接心明けで
ずっと座禅をしてこられた方々が参加していた。
その場での質問という縁もあっただろう。

その後 事故のことでは
「相手が・・・ 相手が・・・」と矢印が外にむかいながらも
自分のなかであれやこれやと格闘していたことがいまさらながらハッキリした。

おもいの渦をつくって飛び込み 消えたものをまた作って飛び込み
この思いをなんとか消してくれと叫ぶ。 

良寛さんは何も言わずたたかれたままだったけれど
私は 私の自然を生きればいいんだ と決着がついた。

その時なにをするかはわからない
怒鳴り込むかもしれない
なぐるかもしれない
なにもでてこないかもしれない

今回のように 保険のひとにまかせつつも
相手にも 仲介のひとにも お医者にも 自分自身にも
不満が残ってうじうじするかもしれない

しかし それが そのときの自分なら そうなのだ

そうだなあ~ と終わっている
忘れている
次の瞬間には

首が痛い

それがそうなのだ。

「一瞬でしょ」
自分がかかえていたもやもやと 妙なるタイミング
このことばが 生きものになった瞬間だった。

 

広告


コメントする

それをやっているのは誰か?

やるか やらないかはシンプルなこと

私が! こ の わ た し が これこれのことをやる・・とおもうと
やれない とおもったり
やることが誇らしげにおもえたりするわけだ

「いのち」がこの者にあらわれとなって
行為が起こっていく

すると すべては軽やかになる

行為は縁によって ただただ起きていくのに
思い…重い? がないので
その時々で完結している

「いのち」はいつかこの者に
死を起こす

けれど「いのち」は続いていく


コメントする

やるかやらないか

結局 物事というのは
やるか やらないか だけなんだな

いまさらですが なんてシンプルなんだろう

保留 っていうのがあるけど やってないってことだ

そのことをやることを100万回おもってもやらない
なにも考えず やる

自分は物事を先延ばしにするクセがある
体質というか

なんとかそのクセをなおそうとしたが無理だった
そして言い訳は続いていく
私 身体が弱いから   体力ないから
いま そのモードでないから

しかしこのところ
「人の思いから離れ」て生活するという禅の教えを
気づくごとにやりはじめた

そうすると
思考がないと
ただやることが起こっていく なのだ

ずっとやろうとおもっていて やらなかったことで
やったこと
以下

 壊れた木製の額をボンドでくっつけて直し、ガラスをふきそうじする

 賞状額をきれいにして去年受賞した賞状を入れる

 鳥が糞をした外側の窓ガラスをきれいにする

 ほこりがたまり一部こわれていた電気のカサをきれいにする

 天井の一部汚れたところをふきそうじする

 台所の神棚の天井に「天」と書いた紙を貼る

と、こうやってあげてみると
それらはそうじや修理が多かった

なぜやらなかったかというと
ガラスはあぶない  手が届かない  などで
心理的には  めんどう  そのうちに 他に優先することがある   など

やらなかった できなかった 理由は
 すべて 「思考」 だった

なにも考えを出さず
ただ  ていねいにやると やれるのだ

ひとつ 電気のカサをはずしてそうじしたかったが
重くて 私ひとりでははずせなかった

ふうーん
あれこれおもいめぐらさずに手を動かせばいいだけのことか

私って これができなかったんだ

どれも 日常のささいなことだけど
やる やらないは
大きいも小さいもない

お盆ということもあって
仏壇の いつものテキトーそうじを
ていねいにやった

コツはなんたって 思考ストップ
目の前のことに 手を動かす

仏様 うんぬん ご先祖さま うんぬんの
一見 美しいおもいいれ は 必要なく

思考なしでやることで 結果はあらわれてくる

これを
自分にとって大きなハードルと感じていることに
やるとどうなるんだろう

そう それが思考
ただ やればわかる

できるということもわかる
できないということもわかる

やらないときは ただやらない


コメントする

私は何担当?  ②

前回のブログから1ヶ月が経とうとしている・・・
その間のできごとは次回UPするとして①から②の続きをかきたいとおもう

そう具合が悪くてベッドに寝ていた時のことだ
扉が風もないのに開いて 誰かが入って来た気配がした

いつもなら自分の頭にそこでストップをかけるのだが
力がぬけていたのでそのまま自分の感覚に起こることを許して
遊んでみることにした

「あなたはだあれ?」
返事はなかったが怖い感じはしない
自分に親しい存在のようだ

親族かしら  「ご先祖さま?」と問いかけようとしたとき
それは自分だとわかった

幼い頃の自分・・というよりは
幼い頃に仲良くしていた自分

そうだそうだ このひとは不思議や謎が大好きで
いつも想像と創造の世界にイキイキと生きていた

すると突然
「色 即 是 空       空 即 是 色

 そんなことは知っている

 色を生きるために来たんだ」という声

はあ?誰の声?
私のハラあたりからわいてきた感じだったけど
どの私かな
いま病気だからね

ああ ずいぶんとなつかしいなあ
このひとと親しくするの忘れてた
かかわっても  遠慮がちだった

私 この子と大の仲良しなの  ってみんなに言えないような感覚

この子と仲良しじゃない私なんてありえないのに
この子も私だから

全部の私 発動 を許すぞ

そのほうがおもしろいし
自由度が高い

ということは  私の担当は
なんでもあり

そう なんでもあり担当

はあ~
そうおもったら具合悪いながらもほっとした

これまでは 「これ」とおもうととことんで バランスが悪かったな
でも とことんおもいきり でもいいよ
かる~く でもいいよ

なんでもあり なんだから


コメントする

私は何担当?  ①

DSCN0401<a

幼い頃虚弱体質で寝込むことが多かったので
空想の世界に遊ぶのが大好きなこどもだった

天井の木目を生き物にみたてて物語をつくったり
風と話したり机に話しかけたり
空想の世界が自分にとっては現実で日常だった

子供の頃は誰でもそうだが 私はいわゆる大人になってからも
ずっとそれが続いていて それが創作にむけられると光があたりポジになり
その世界にだけはまりこんでいるとネガになる感じがしていた

自分ではわからなかったが
夢見る夢子  とか 夢の世界にいるように話している とか
ようするに グランディング・・地に足がついていない  ということを
ひんぱんに言われ いつしかそんな自分を改善しようとしはじめた

そのことを問題にしてしまったのである

子供の頃は不思議が不思議ではなく その延長で
いまも不思議なことや目に見えない世界のことへの興味はつきない

つい最近まで過去生とか宇宙人のことを躊躇なく口にして
霊的なことをよく話していた

が この2月 友人と話したことがきっかけで
霊的な世界はその道担当のひとにおまかせしよう
私ではない と決めた

別に私にすごい霊能力があっていろいろみえたりするわけではないが
とにかく 私担当ではありません をしっかり表現しておかないと
こいつOKみたいだな と見込まれてしまう感覚がわいたのだ
突然具合が悪くなる が続いていたこともあった

なにせ山形には「オナカマ」の歴史がある 
(烏兎沼宏之「霊をよぶ人たち」を古本市でみつけて買ったがまだ読んでいない。
 烏兎沼氏いわく「神や仏の霊をよぶふしぎな力をもっているばあちゃんたちを、
 山形盆地に住んでいる人たちはこうよんでいるのだ。)

子供の頃 「夢をみた」 というとばあちゃんからオナカマにつれていかれた
ばあちゃんはなにかあるとすぐオナカマに相談に行った  というか
山形、私のまわりではその頃日常の一部だったようにおもう

それが最近  否定というのではないが
ああ そういった話はそちらでやってくれ・・ みたいな
自分というのは意識であって 部屋でいったら空間
そこにある物 キャラクターじゃないわ・・みたいな

それは確かになるほど だったけど
どこか風がひゅーひゅーふいて乾いていて
軽いんだけど 味わいがない感覚

前置きが長くなったが これからが本題
先日具合が悪く寝ていた時に空想ストーリーが突然はじまった 


コメントする

魔境 ②

私自身の一瞥体験を悟っただとか誇らしいという気持ちはなかったが
記憶として宝石箱に入れていたことは事実だ

バッグを盗まれ足の爪をはがす という体験も
いまとなっては済んだ体験にすぎないが
直後はインド人男性をみると恐怖がわいてきたり
足の爪が痛かったことも事実だ

一方は忘れたくない体験で
一方は忘れてしまいたい体験
どちらもつかんだままでいると そこが魔境になる

どちらも いまは私の頭の中以外にはない

お気楽ちゃんねるのNO145で安達さんは
「体験と悟りは違うもの」と言っている

「自我意識がもどってこなかったら この肉体が私であるという感覚がない訳ですから
 この人間業界ではやっていけない。」
だから問題なし

なんかほーーーっとした

そうだよね
あのままだったら車がむかってきてもよけなかったかもしれない
いや 身体は身体の機能をはたすのだから
思考とは関係なくよけたかもしれない
車にひかれたら身体は痛い
車も私だから恐怖はないけど

私には
こりゃステキだ すばらしい とおもうと
みつけたぞ この路線でいこう  として
うまくいかなくなる 停滞する というクセがある

ひさしぶりに聴いた「お気楽チャンネル」だったが

「何にも信じてないのでぶれようがない」
これにはヒットした

でもこのことも忘れてしまおう

白隠老師は
大悟18回、小悟は数知れず  ということばを残したらしい

大悟0回 小悟は2,3回の私だけれど(魔境2,3回か・・・)

問題なし 
わっはっは 
で眠りにつくことにしよう


コメントする

魔境  ①

DSCN0281

写真の「お気楽」 「芸熱心」
このコラージュに入っている二つのワードは自分をうまく表現しているとおもう

瞑想人の体験として「一瞥」と呼ばれるミニ悟り状態が起こる
その味わいは人それぞれだとおもう
ひとのことはわからないので自分のことを書きたいが
文章でうまく表現できるかはわからない

「魔境」ということばを2ヶ月前と つい最近 私は二度きいた
1度目は禅の老師から直接  
2度目は以前よく聴いていた安達さんの「お気楽ちゃんねる」の最新「両目を開ける」で。
http://okirakuc.seesaa.net/

どちらも自分がなくなるというすばらしい・・・
そう 私にとってそれは素晴らしい体験だった
そういった出来事に対しての二人の同一のことばだ

いまからたぶん10年以上前 インド プネーのOSHO瞑想リゾートで
瞑想をして 絵を描いていた頃
確か 絵の長いトレーニングが終わったあとのことだったとおもう

それ が起こったのは瞑想中などではなく
OSHOのコミューン(みんなその頃はアシュラムと呼んでいたけど)にむかう途中の
リキシャの中だった

突然 私がいなくなったのだ
記憶もあるしそれをみている意識が残っていたので
なるべく忠実に表現したいとおもうが こんな感じだった

あれっ   私がいなくなっちゃった・・・
どこにもいない
だけど どれも私だわ・・
空も通りのインド人もリキシャもリキシャババも
この空気もみんな私になっちゃった
ヒヤーー 道にはき捨てられたツバさえも
なめても問題ないくらい・・・(とおもったことを覚えている)

このとき しっかりこれを見てる何者かは存在していました

またこれが来たぞ(2度めだったので)
でもいつまで続くんだろう
もうすぐコミューンに着くけど知ってる誰かと話したら終わるかもしれない
いつまで続くかみていよう

これらのことが意識にうかんだ

普通の時間感覚はなくなっていたので
いつまで は覚えていない

けれど確実にそれは消えました

その頃は それがずっと続いてもどらないことが悟りだとおもっていて
確かに まったくのワンネスで
そのとき 心配事 不安感 頭で考えるあれこれが消えて
これがずっと続くんだったら 悟りってなんてすばらしい境地だろうとおもい
そうなるまで瞑想を続けよう といった感じでいた

時間かたつと

なんでコミューンの中じゃなかったのだろう
なんの兆候もなく突然
まったく私の手の内にない

そう 1回目の時はバックゲートを歩いていたら道路で突然起こり
私がおもいついたことは
たぶんまわりに悟った人がいて 私が瞬間ノーマインドになった時に
その悟ったひとの空間に入り込んだのだろう  ということだった
うん あのリキシャババは悟っていたのかもしれないな
インドだったらありえる

それでそのことを直後は誰かにシェアすることもなく
一時期執着はしたものの あの体験をもう一度・・・の熱望も薄れ
悟り ということばがかんたんに使われるようになったこのごろ

井上老師にお会いしたあと
ふと このことをたずねてみたい という気持ちがおこったのだ

「そういった体験を見性とみるところもあるようですが
 私どものところでは魔境といっております」と
老師は 静かにゆっくりと話された

「はい そうだとおもいます」ということばが自分の口からでたものの
禅でいうところの 忘我 ってどういう状態をいうんだろう

これまた頭が考え出した
記憶にないってこと?

確かにインドの聖人にはそういうひとが多い
そういった状態に長く没入してしまうっていうか
ラーマクリシュナやアーナンダ・マイマーの伝記などを読むと
まわりで普通の生活をお世話してあげなければならないひとが
そばに必要になっている

「身体は身体の機能をはたす」らしいが
私は悟り を勘違いしているのかもしれない

体験としていうなら そこに「生」と言う名前と
「死」という名前がついているにすぎず

私はインドでバッグを盗まれ足の爪をはがすという体験をしたが
至福 と名づけている体験もそれと同じことになる

優劣も損得もない
だけど 自我が黙っちゃいない

しかしその自我もまた自我の役目をはたしているのだ
と「お気楽チャンネル」をきいて私のなにかが納得した

安達さんはこういう体験のことを「片目を開けた」状態と
表現している
とてもわかりやすい

井上老師のスピリチュアルTVでの映像をみると
こういった体験は
「修行の入り口にも立っていない」状態ということだった

http://tetsugen.jimdo.com/カフェ寺ライブ中継動画/
(最初の動画)