Holy Fool

つかの間の私を、永遠の私に捧げなさい Sri Anandamayi Ma


コメントする

断捨離のために   坂崎乙朗

「絵とは何か」
「ふたたび絵とは何か」
「みたび絵とは何か」

二十歳のころ、これらの本を読んだこと
坂崎乙朗氏と実際会ったこと
東京に住んでいて 彼が紹介していた絵を
展覧会で実際にみたこと などなど

良い縁に恵まれたとおもう

さて本棚にある坂崎乙朗氏の23冊ある本
「もの」としては黄ばんでしみもあって字も細かく
たぶん読み返すことはほとんどない本たち

しかし手に取ると
なぜか1冊も捨てる気になれない

う~ん なぜだろう
執着か・・・など
あれこれおもいをはせていたが

やめた

おもうのをやめた

本棚にあってもいまのところ問題はない

問題がないのに
なんで問題をつくるのか

しばらくはそのままにしておこう

捨てるときは 身体を使って捨てる作業をするだけだ

「井上貫道老師の庵」というブログの
貫道老師のことばを読んでいたら
自分がやっていることがおかしくなってきた

笑える

しかしこのブログを書いたことで
きもちはいくぶん良い

頭の中だけじゃなく
表現して 記録となって
なにか気がすんだから

広告


コメントする

断捨離のために  高橋たか子

IMG_1368

「装いせよ、わが魂よ」
「土地の力」
「亡命者」   

これらの本は捨てない
いまでもある箇所を読みたくなる
文章というよりは  あるスペース

聖域のようなもの

そこに入るとぱっと風景が明るくなる
けれど
明るいだけじゃない
きょう読み返してわかったが
なんともいえない 人間の血液のようなものにも触れる

神の透明な空間と同時に

25歳から28歳くらいの頃?
「ロンリーウーマン」に出会った
その文庫本は1冊だけ書店の本棚から不思議なものを放っていた

あの本を読んじゃいけない
あの本はおそろしい本だ
そんな予感がした

手にとってページをひらいてはもとにもどす
何度も同じ場所に通った
ひきつけられるように

そんなことを幾度かくりかえし
あるとき決意して買った

私が直感したことはあたっていた
それからは 彼女の世界にひきこまれ
古本も探して読むようになった

彼女が作家をやめ修道生活に入り
そしてまた書くことにもどってきてくれたときはうれしかった

「怒りの子」
「荒野」など 自分の本棚にありながら
おそろしくて読み返えせない
それなのに捨てる気にはなれない

このこわさは魅力でもある


コメントする

断捨離のために 寺山修司

IMG_1372

かなり長い間捨てられず手元においてある本を
厳選して数冊にすることにした。
ある一冊などは40年前に買った本

ほとんどがいま読み返すことのない、ページも色あせた古い本

寺山修司  坂崎乙朗  高橋たか子
この三者の方の本は殿堂入り、ず~っととっておこうとおもっていた。

なぜかというと
強く影響をうけ、自分をつくったような本だからだ。

これらの本を捨てるのは自分の一部とサヨナラするような感覚で躊躇していたが 
だからこそ捨ててみようとおもった。

寺山修司の本には高校生の頃に出会い
山形の天童市に講演にきてくれた時「書を捨てよ、街に出よう」の文庫本に
本人からサインをしてもらった。

19歳の時本のタイトルのごとく上京したのは彼の影響が大きい。

寺山修司主催の演劇をよくみにいった。
講演会にも行ったし映画もみた。
あるとき「寺山さんの講演をきいて東京にでてきました。」と言うと
あの独特の訛りある声で
「家出してきたの?」

「家出のすすめ」という本も書いているからだ。

なにが私をあんなに惹きつけたのだろう。

とにかく寺山さんは前衛だった。
これまでにないもの、自分が知らない驚きの世界があった。
スタイルも
靴じゃなく底の高いサンダルをいつもはいていて
自由な感じがしてかっこよく感じた。

本は6冊残したけれど
開いて読んでみると
内容ではなくて その本を熱心に読んでいた頃の自分を感じて
「過ぎたなあ」とおもった。

1冊残すとしたら やっぱりサイン本になるのかな


コメントする

2016年1月18日  

IMG_1960

1月18日が自分のサニヤスバースディだったことをすっかり忘れていた。
19日のfacebookをみて「きょうはやけにOSHOの写真のUPが多いなあ」と
OSHOのセレブレーション(肉体を離れた日)の日も忘れていた。

あれっ  自分はどんなふうにすごしていたんだろう。
振り返ると18日はエナジーチェンジを感じた日で朝から軽やかだった。
前日の17日は得体の知れない不安にとらわれた一日で
なにもかもがだいなしになって振り出しにもどったような落ち着きのなさを感じていた。

18日はあまりにも新しい朝だったのでOSHO禅タロットをひいたんだっけ。
3枚とも絵柄をみるだけでほっとするものがあった。
1月に入ってから何度も「ストレス」のカードをひいていて
なにもしていないのに頭の中ではあれこれ計画だてているのかなとおもった。
今年の干支の猿(申)がピンで曲芸師ののった球を一刺ししようとしているのがおもしろい。

「死もなく、怖れもなく   生きる智慧としての仏教」  ティク・ナット・ハン

   すべてのものの本質は、生まれることも死ぬことも、

   到達することも出発することもない。

   私の本質は来ることもなく(不来)、消えることもない(不去)。

   十分な条件が整えば私はすがたを現し、

   条件が整わなければ隠れる。

   私はどこへも行かない。

   私はどこに消えてしまうのかって?

   私はただ隠れるだけ。

ティク・ナット・ハンはこのことをTVやラジオにたとえて言ってくれている。
部屋の中に電波信号が飛び交っていて信号はいたるところにあるけれど
条件・・・ラジオかTVが揃ってスイッチを入れるひと、行為がそろうと
そこに番組が映し出される。

「条件がそろうと何かが顕現する、とブッダは説いた。
 私たちはそれを生(存在)と呼び、ここからひとつふたつ
 条件が抜け落ちると、ものは同じようには顕現しなくなり、
 私たちはこれを死(非存在)と呼ぶ。
 ブッダによれば、何かが存在する・存在しないと考えるのは誤りで、
 実在の世界では完全な存在・非存在はありえない。」

なにかスーッとした。
深いところが静かになった。

「死について41の答え」 OSHO 
この本の中に「死を超えるための瞑想法」が14のっている。

1番目がハミング瞑想(ナーダブラーマ)
この瞑想のメカニズムというか方向性を知って驚いた。
何度もやっているのにOSHOのことばをはじめて目にした。
たぶんどこかで読んでいたのかもしれないがいままで気に留めなかった。
この瞑想を早朝夜明け前、僧たちがやっていたときいている。

インドのコミューンにいたとき、「死の瞑想」はやらなかった。
そういったグループがあったがやろうとはおもわなかった。
なにせデスセレブレーション(誰かが肉体を離れた時の、コミューンでのお葬式?)もきらいで
火葬場に行ったのは一度きり
花で飾った屍を運んでみんな歌って踊って焼き場まで道を歩く。
焼き場で灰になっていくのを炎とともに祝う。

死がこわい私には参加したくないセレブレーションだった。

ところが今回本を読んで
貴重な機会が何度もあったのに
私はカタチだけのものととらえていたなあ
瞑想として参加 することもできたのに とおもった。
いまだからおもえるのだとおもう。

13番目の つま先から火をつけて焼かれていくのを感じる のをやった。
こういった瞑想はこれまで躊躇していた。
なんか縁起が悪いなあ・・・縁起?死ぬことが?
すべてのひとが確実に肉体の死を迎えるというのに。

この日は雪が降って静かで寒かった。
コタツに入ったままだったけれど
火で自分の身体を焼いていくのをおもいうかべた。
とても心地よくて 気づくと身体がリラックスして時間がたっていた。

寝る前にこれをやろう。
OSHO「このテクニックには少なくとも三ヶ月かかるだろう。続けてみなさい」

毎晩眠るのだから眠るまでの間だったらできるかもしれない。

こういった瞑想に惹かれるのは一部のひとかもしれない
やむをえずやるということかもしれないし
深いおもいなくやるのかもしれない

禅でいうところの「縁起」がよくわからなかったが
2冊の本に縁を持ち 
触れた という感じがした。


コメントする

青い炎を持つイルカ

このことを急に書いておきたくなったのでUPします。

いま地震雲とおもわれるものが発生したり
きのうは100頭をも超えるイルカがうちあげられたりして
大きな地震が起きるのではないかと心配されています。

イルカの映像をみて2月末の
宮城県での愛野ルミエさんME体験会のことを思い出しました。
いつもは海外にいる彼女がどういったご縁で東北の地に招かれたのかを
たずねる時間もなく、すばらしい体験会は終わりましたが

途中のデモンストレーションで自分に起こったことです。
「身体に痛みのあるひとはいますか?」の問いかけに
ルミエさんのとなりに座っていた私は目があって
「ハイ」と答え、私の身体の痛みへのはたらきかけをしてもらうことになりました。

目を閉じていたのですが
突然白いイルカが彫刻のように固まった映像がうかびました。
直立不動といったようすでしたが
彼女が手をくるくるしているうちにやわらかい本来のイルカになって
空に泳いでいって自由な雲になったのです。

「白いイルカ」なんてスピ系すぎるとおもいましたがシェアしました。
「起こることはそのままに、あまり意味づけしないようにする」大切さも教えてもらいました。

その後参加者全員がルミエさんの誘導で同じ空間に身をおいていたとき
またもやイルカがやってきたのです。
今度は数え切れないくらいのたくさんのイルカたちが
片手(あれはヒレでしょうか)にキャンドルを持って立ち泳ぎしてるんです。
なにかを祝っているような祈っているような感じでした。

青い炎のキャンドルを持ったイルカたちのきらめき
その光はそのままクリスタルの輝きとなって
青い光る柱が太く地中にドーンとおろされました。

そしてこの地は大丈夫だ という感覚がやってきました。

このところ忘れていましたがTVのイルカの映像をみて
ハートが痛むと同時に

あのときのイルカたちが命をかけてまもってくれている
なぜかそんなふうにおもえたのです。

このことは 私のなかのファンタジーかもしれませんが
青い炎のイルカたちに ありがとうと感謝して
瞑想したいとおもいます。
 


コメントする

私は何担当?  ①

DSCN0401<a

幼い頃虚弱体質で寝込むことが多かったので
空想の世界に遊ぶのが大好きなこどもだった

天井の木目を生き物にみたてて物語をつくったり
風と話したり机に話しかけたり
空想の世界が自分にとっては現実で日常だった

子供の頃は誰でもそうだが 私はいわゆる大人になってからも
ずっとそれが続いていて それが創作にむけられると光があたりポジになり
その世界にだけはまりこんでいるとネガになる感じがしていた

自分ではわからなかったが
夢見る夢子  とか 夢の世界にいるように話している とか
ようするに グランディング・・地に足がついていない  ということを
ひんぱんに言われ いつしかそんな自分を改善しようとしはじめた

そのことを問題にしてしまったのである

子供の頃は不思議が不思議ではなく その延長で
いまも不思議なことや目に見えない世界のことへの興味はつきない

つい最近まで過去生とか宇宙人のことを躊躇なく口にして
霊的なことをよく話していた

が この2月 友人と話したことがきっかけで
霊的な世界はその道担当のひとにおまかせしよう
私ではない と決めた

別に私にすごい霊能力があっていろいろみえたりするわけではないが
とにかく 私担当ではありません をしっかり表現しておかないと
こいつOKみたいだな と見込まれてしまう感覚がわいたのだ
突然具合が悪くなる が続いていたこともあった

なにせ山形には「オナカマ」の歴史がある 
(烏兎沼宏之「霊をよぶ人たち」を古本市でみつけて買ったがまだ読んでいない。
 烏兎沼氏いわく「神や仏の霊をよぶふしぎな力をもっているばあちゃんたちを、
 山形盆地に住んでいる人たちはこうよんでいるのだ。)

子供の頃 「夢をみた」 というとばあちゃんからオナカマにつれていかれた
ばあちゃんはなにかあるとすぐオナカマに相談に行った  というか
山形、私のまわりではその頃日常の一部だったようにおもう

それが最近  否定というのではないが
ああ そういった話はそちらでやってくれ・・ みたいな
自分というのは意識であって 部屋でいったら空間
そこにある物 キャラクターじゃないわ・・みたいな

それは確かになるほど だったけど
どこか風がひゅーひゅーふいて乾いていて
軽いんだけど 味わいがない感覚

前置きが長くなったが これからが本題
先日具合が悪く寝ていた時に空想ストーリーが突然はじまった 


コメントする

クールダウン

DSCN0027

寒い日が続いているが頭がヒートアップして
クールダウンが必要なことが1月末に起こった

あることにあまりにもマインドが騒ぎ 気持ちが前のめりになり
身体的にはギックリ腰になり三日間寝込んでしまったのだ

身体をひねったり
重いものを持ったりしたわけではない
それは 突然だった

よくなるまでは1週間ほどかかった 
その間 整体の治療を2回受けて
友人からヒーリングもしてもらった

これは身体が頭を黙らせたのにちがいない
もう 眠りに眠った
普段 睡眠は足りているはずなのに
いくらでも寝れるので眠った

最初の頃は寝返りをうつのもしんどくてその都度目がさめていたが
三日目の午前中 茶の間のコタツで1時間ほど
すごい眠りに入った

目覚めたあとの驚きの感覚!
 
いまは・・・ 春だったかな  夏?
ん 冬かも

夕方? いや 昼間だな
あ 朝かも

えーと ここは・・・
おお おかあさんがいる   家みたいだな

時間の感覚がなく
自分の腰が痛いことも忘れて目覚めたのだ

なんというすがすがしさ
フレッシュ!
生まれたての感じ

あまり記憶がなくて 頭が働かなくて
ひょーっ フレッシュ フレッシュ フレッシュ

三日間はパソコンにも触れなかった

いつまでも続いてほしかったが
少しずつ 知った世界にもどってきて
いつもの世界の住人になってしまった

ひとはいつだってこんなふうにフレッシュになれる
もしかしたら
毎瞬

これは笑ってしまうような
すばらしい体験だった