Holy Fool

つかの間の私を、永遠の私に捧げなさい Sri Anandamayi Ma


コメントする

Meeraのことば

DSCN0209

自分に響いてくることばというのはその時々で違うが
今回の能登でのMeeraのことばには
ハッとして じわ~っとしみ込んでくる感覚に何度も包まれた

これまでは切れ味のいい禅スティックのような一言
ユーモアがあってパンチのきいたことばが残ったものだ
というか そういったことばがその時の私にタッチするものだったのだろう

霊的うんぬんに関心のない彼女だが
天と直結した巫女Meeraを私は時々感じている

Meeraが言ったことばとして正確ではないかもしれないが
私はこうきいた   として印象に残ったことをシェアしたいとおもう

グループルームに韓国のオーガナイザーがつくってくれた?という横長の
Meera歓迎幕が張ってあった
そこにはOsho の文字もあったがMeeraの文字のほうが大きかった
マスターであるOshoより自分の名前のほうが大きいなんて畏れ多いみたいに感じ
自分はOshoをまつりあげていないか(こういう表現ではなかったかもしれないが)
Oshoを上にして自分を過小してはいないだろうか とおもったという

私はMeeraからこういうことばをきくとはおもわなかった
OshoというマスターにたいしてMeeraほどdevotion(捧げる)そして 帰依ということばが
ふさわしいひとを私は知らない

今回MeeraはOshoを描いた新作の原画をみせてくれた
それが鉛筆、木炭などのドローイングでなくアクリルで描いたときいて
ぶったまげてしまった
アクリルでOshoの顔 このヒゲ描いたの?!!!
描いていたこの冬 自分は画家なんだろうか と何度も窓から絵を放り投げようとしたという

この絵はOshoへの愛 
弟子である私たちへの愛
Meera自身への愛   存在に対する限りない愛の表現だ

私たちは毎日桜の花を描いた
絵をかくのがつまってきたとき何をするのか
Meeraは「私はおとうさんとおかあさんをおもいうかべる」と言った
(絵に招待する・・・だったかもしれない)
そうするとまた絵がかけるようになる と

私も幹がおもうように描けない時 亡くなった父をおもいうかべてみた
すると「おめが描ぐ絵はどだなだっていい」・・・・・お前が描く絵はどんなものでもいい
という父の声がきこえてきてうれしくなった 気が楽になった
その線はたとえ変でも未熟でも あたたかい

夕食になってもMeeraが姿をみせずナイトペインティングを
何時からはじめるのかわからない日があった
表に行くとやっぱりひとりで夜の桜を描いていた

気迫に満ちていて近づきがたいものを感じたが
「ミラ」と声をかけると
「来ないで!」

「何時から?」
「好きにして」

Meeraの「来ないで」は私に深く美しく響いた
私は人生で 迷いなく この「来ないで」を言っているだろうか
それはNOとか ものをハッキリ言うということではなく

ひとや物との一期一会
この大切な二度と来ない瞬間への敬意のことだ

次にこの桜と出会える保障はない
私たちも自然の一部として常に変化の中にある

もうひとつ付け加えると
私がパートナーと組んでみんなの前でシェアしたあとに
表で桜を描くことがあった
たまたまMeeraの近くで描いていた私に
「ひとのふりみてわがふりなおせ だね」という声がきこえてきた
「あのシェアはヘナが自分自身に言ったことばかもしれないね~」

えっ それどういうこと?
Meeraは時々 禅の公案のようなことばをなげかけて私をかき乱す

そして何年か経ってそのことがわかったりするのだ

広告


コメントする

ダイナミック瞑想  OSHOライフトレーニング2014

DSCN0170

「ダイナミック瞑想は何歳でもできる」というスヴァギートのことばに励まされて
今回も右肩があがらないところから私のダイナミック瞑想は始まった

7泊8日の能登でのOSHOライフトレーニングはMeeraのパートナーである、
ドイツ人でセラピストのスヴァギートがダイナミック瞑想、クンダリーニ瞑想をリードしてくれるという
スペシャルかつとてもありがたい毎日で学びと気づきの日々となった

このアクティブな瞑想のすばらしさは体験するしかない
それも私の見解では続けて4日以上
OSHOはまずは21日間やりなさいと言っているが3日目あたりで身体の痛みのために
やめてしまうのは非常にもったいない

50歳を過ぎて私もひとりでやるのだったら 
肩は凝って腕はあがらない、
ジャンプすると膝は痛い、飛ばなくてもフーを下半身に打ち付け響かせることさえつらい
腰は悪いし体力的に無理・・・ となるところだ

結論からいうと ダンスで腕をあげて踊ることさえできなかった右肩が
1週間後にはあがるようになり膝の痛みはなくなり
鼻づまりが消え第3ステージのフーのおかげで声が深いところからでるようになった

スヴァギートは私たちの様子をみて
毎日違うアドヴァイスと説明をしてくれた

私の瞑想をたすけてくれたのはこの点だ
第2ステージでのカタルシスで声をだすときの野生の動物、
モンスターになりきるエクササイズ
そして第3ステージ フーの音を自分の声のフーで
まわりのひとのフーがきこえないくらい強く出すということ

第1ステージの混沌とした呼吸、第2のカタルシスも
こういうのじゃ駄目という見本をみせてもらえたことが良かった

サニヤシンになって22年 ダイナミック瞑想はインドのOSHO瞑想リゾートで
一時期毎日のようにやったけどこの年齢になっても新しいことが起こることが
驚きだ

というのは第2ステージのカタルシスで
自分とまわりとの間に一枚の薄い膜があって
私とは関係のないところで劇が上映されてる感覚が起きたことだ

これは自分にとっては画期的なことである
他人から影響をうけやすい霊体質を自称している私はこれまで
第2ステージは他のひとのゴミをうけないようにがんばる?必死のステージだった

それが私の向こう側で一切が起こっていたのだ
それで愉快になった私からはネイティブな民族の
意味不明の詩のような音がろうろうとしばらく出続けた
ダイナミック三日目のことだ

しかし最終日には
叫ぶ声ではなく私の近くに低いうなるような声を発する人がいて
私にはその音が耐えられなくて信じられないほどのカタルシスが起こった
まあお互いに助けあっているということだろうか

アクティブな瞑想を苦手とする自分を熱く語らせるダイナミック瞑想のすごさ

いまは正直 家で一人でやる気は起こらないが
感情面で問題を感じているひとにとってはすばらしい薬になる

処方する医師がいるように瞑想をリードするひとの重要性がある
Meeraのダイナミック瞑想リードも毎回すばらしく今回はスヴァギート
私たちは本当に恵まれている

あともうひとつ
いいアイディア 素敵なことが起こっても
それを掴まず手放し続け 変化を許すということを彼は言っていた

ネガティブもポジティブも執着すると停滞する
自然は動き続けている

 


コメントする

自分をごまかすことはできない  ⑤ OSHO

自分をごまかすことはできない のタイトルで書いてきたが
わかったフリはしても 
「本当はわかってない」 ということを自分自身は知っている

井上義衍老師の「兎の毛ほどの疑い」という比喩
それくらいの疑いでもいつか自分をぐらぐらさせる
本当に 自分をごまかすことはできないものだ

私がはじめて手にしたOSHOの本は「ダイヤモンドスートラ」だった

それもイエスキリストのことをよく知りたくて
「聖書」のコーナーに行きなにげなく手にとった1冊だった
中身をよく見もせず「ダイヤモンドスートラ」という美しい響きにひかれて
その厚い本を買ったのだ
27年も前のことだから精神世界なんていうコーナーはなく
その時山形の書店に1冊OSHOの本があったということもミラクルだ

家に帰って開くと     「それゆえにスブーティよ・・」
この本 キリスト教じゃない! えっ もしかして仏教?
この表紙のおじさんは誰?どこか仏教の教祖さま?
本には小さく 「バグワン・シュリラジニーシ 金剛般若経を語る」と記されていた

それにしてもぜんぜんわからない  止めた 
1986年発行のその本にはあとがきやOSHO(そのころはバグワン・シュリラジラジニーシ)
についての記述がまったくなかった

すぐ本棚に置いたが その部屋に入るといつも誰かに見られてるような気がした
あっ これだな このおじさんだ
背表紙の顔が気になって なんとその本を見えないように他の本でかくしてしまった

それから私がインド旅行に行く3年後まで本は開かれないままだった
その時にはOSHOは生きていたけれど
本のひとがOSHOと知った前年に肉体を離れていた

まさか自分がそのひとの弟子になるとは!

井上老師には一度お会いしただけだけれど肌で禅の教えを感じた
OSHOが肉体を離れる前の講和は禅のシリーズだった

いまふと「ダイヤモンドスートラ」の本をめくると
なんとこんなページだった

 そしてあなたは死について何を考えようというのだろう?
 どうやって死について考えることができる?
 あなたは幾ばくかの事を聞き、幾人かの人が死ぬのを見たことはある
 だが、あなたはけっして死をみたことはない
 人が死んでゆくのを見るとき、あなたは何を見るのだろう?
 その人はもう息をしていない
 あなたが見るのはただそれだけだ
 その人の体は冷たくなった
 あなたが見るのはただそれだけだ
 それ以上に何がある?
 これが死だろうか?
 冷たくなっていく体、止まる呼吸
 それがすべてだろうか?
 その人間の内奥の核心にはいったい何が起こったのだろう?
 自分が死なずして知ることはできない
 自分が体験せずして知ることはできない
 未知なるものを知る唯一の道は、それを体験することだ
 だからこれらの概念は役に立たない         
                          (めるくまーる社「ダイヤモンドスートラ」より)


3件のコメント

私を制限するのは私

DSCN0101

きょう1月18日は私のサニヤスバースディ。
OSHOサニヤシンであることが私を大いに自由にし、同時に
サニヤシンであることについての私の考えが
私を不自由にしてきたことに気づいた

そのことはうすうす気がついていたけれど
認めたくないというか あやふやにしていたいというか
そこは私の触れたくない部分だった

私の中には「理想のサニヤシン像」があって
OSHO像があって
長い間 それ であろうとした

そのことで時々気分がよくなったり
苦しんだりした

自分を制限してきたのは
誰でもない 私なのだが 
正確に言うと私の考え、思考、マインド 

OSHOではもちろんなく サニヤシン仲間でもなく
私の・・
私の!(うん これはいくら強調してもいい)考えだ

たとえ 誰かに サニヤシンとはこうあるべき と言われても
それを採用するかどうかは私にかかっている

OSHOが 「私の指をみるのではなく 
指し示しているものをみなさい」と言っているにもかかわらず 
私がその指の主にこだわっていたのは
指し示しているものへの確信なさ、熱望の足りなさだったとおもう

ブログを書くようになって
そのことが明らかになってきた

OSHOのことばを引用するとき
私はどこか誇らしげになり
チャネリングや引き寄せの本の情報
悟ったといわれてる他のマスターのことばに深く感銘をうけても
シェアしずらかった

そしてそのことに自分が制限されないのなら
まったく問題ではないが
自分でつくった考えに窮屈さをかんじるようになったのだ

瞑想的なサニヤシンにみられたかったのだ
OSHOサニヤシンのあり方みたいなものを勝手に作っていたのだ
そして私にとっての瞑想的なサニヤシンのアイディアは
笑ってしまうようなものだ

いったいぜんたい OSHOがそんなことを
望んだだろうか

これは私のストーリーである

OSHOに帰依しOSHOへの愛を表現し
生きるのは美しい

そして いま 私はどこに立っているのだろう
確かOSHOの講話に
川を舟でわたってきて陸に上がった時も
その舟を頭に乗っけているという話があったとおもう

陸を歩く時に必要のないデカすぎる舟は重たい
軽やかに進むために舟をおろそう

私がつくった私の考えという舟をおろす時だ

 


コメントする

OSHOライフトレーニング ②創造性

創造性は誰の中にもある

というか宇宙は創造そのものであり
すべてのひとがそれとつながっている

自分を通して起きてくるのを許す時
自分が邪魔をしない時 それはあらわれとなる

むずかしくしているのはなんだろう

わたしたちは桜を描いた

桜とつながっているとき
わたしたちは自分の本質とつながっている

わたしたちが自分でいて自然なとき
桜になっている

そこから表現されるものは
すべて桜だ
どのような表現であろうと

それぞれが独自の音を出し
色で自分だけのダンスを踊っている

今回Meeraは一度も描き方を教えなかった
Meeraがみんなの前で描き方のデモンストレーションを
することもなかった
自然の中で ときおり桜を描いていた

夜にOSHOの講話のヴィデオとMeeraのヴィデオをみたので
Meeraがその中で描いている様子はみたが
最初 絵をかくとき ほとんど放任状態というか
まったく自由だった

自由だとひとはなにをするのだろう

何度も描いているひとは同じように描きはじめるのだろうか
はじめて描くひとはどうするのだろう
教えてくれるのを待っているのだろうか
誰かにきくのだろうか
自分なりに描くのだろうか

ひとの絵が気になったり 比較したり
おもうように描けなかったり
泣いたり
いつものパターンに落ち込んだり

花ひらいている桜たちと
ともにいることしかできない と知る瞬間
桜と自分と表現に区別がなくなっているとき

すでにあるものが
わたしたちを通して美しさをあらわす

Meeraは愛ゆえにわたしたちを放っておくが
よくみている
それは観察しているというより
自然界と波長をあわせた動物が
ここぞというときに最大の力を発揮し
わたしたちの開花を誘発する感じだ

創造性のソースとつながっているひとが
同じ空間で絵を描いているだけで
わたしたちは学ぶものがある

絵を描くというのは個人的だが
エネルギーの共鳴がそこにいる人たちの間で
知らずに起こっている


コメントする

OSHOライフトレーニングwith Meera ①ダイナミック瞑想

DSCN2731

能登にて4月13日(土)~20日(土)までOSHOライフトレーニングが行われた
私はヘルパースタッフとして今回で4回目の参加となった

いま!いま!いま!
この瞬間にあることの強烈さ 美しさ 
いのちのスパークと桜の開花が重なった

何回かにわたって内側で起こったことをUPしてみたいとおもっている
このワークショップはこんなふうだった と1回で終わりにできないなにかを感じているが
これもまた いま の感覚なので
突然終わってしまう可能性もある

まず この時期にダイナミック瞑想を1週間やれたことは
私にとって大きなギフトだった
「50歳を過ぎるとダイナミック瞑想はつらいよね」と同年代の仲間とぼやいたりしていたこともあったが、いや何歳になっても
このアクティブな瞑想はすばらしい

昨年の8月には自分の自動車事故でのもろもろ
10月には大好きな父の死
実際的なことに追われながら東北の冬に突入し
ほとんど冬ごもり状態だった私は感情もまた
どこか凍ったまま自分に折り合いをつけていたようだ

能登に来る前に腰がやばかったこともあって
初日はおそるおそるだったが
声をおもいっきり出したので鼻水やノドの痰、つばなどが一掃された

三日目くらいにはほんと泣けて泣けて
おとうさあーん
自分の中にまだまだこんなにも悲しみがあったのかと驚いた
ふだんは 泣くといっても
こんなふうに腹の底から声をはりあげてこどものように
手放しで泣く機会なんてめったにない

怒りもすごいものがあった
一時停止を無視した車が私の車にぶつかってきた時の衝撃
それは自分の部屋で裸でくつろいでいる時に
見知らぬひとが突然部屋を壊して侵入してきて
自分を傷つけるという感覚に近かった

相手のひと 保険会社など 
事故にかかわった理不尽なできごとに遭遇するたび
おもいを表現しきれなかった自分への怒り
これが一番強かったようにおもう

Meera のダイナミック瞑想についての説明はいつも新鮮だ
そしてわかりやすい
第1ステージの呼吸
リラックスして全身で呼吸するというあの感じ
今回は自分の下半身、足腰の弱さをいまさらながらに思い知った

長い間 混沌とした呼吸を強くやるものとばかりおもっていたので
必要以上に上半身に力が入り首を痛めたりしていた

第1ステージをトータルにやると
第2ステージのカタルシスは自然に起こってくるが
これまではワー とかオーとか意識的に声を出すことで呼び水のようにして
自分の感情をひきだそうとしていた

これもまた単に声をはりあげるだけだと演技になってしまう
自分の感情とつながって
表現するのを許していくのが大切だ

ダイナミック瞑想の話になったとき サニヤシン友人が言った
トータルにやる と言っても 初めてやるひとは
そのトータル ということの感覚がまずわからないのだ と 

なるほど

ダイナミック瞑想は深い

MeeraのHP http://www.meera.de/

 


コメントする

さらによむ  OSHO禅タロット、 ネオタロット

DSCN2618

下段のOSHOネオタロットの数字をみてみると

「創造性」が39で  3+9=12  1+2=3
「心配/不安」が42で 4+2=6
「傷つきやすさ」が15で 1+5=6
6は数秘術では私のpersona(人格数)の数字だ
6の要素  ハートの真実  期待することなく愛を与える

これは「心配/不安」のカードのメッセージ
 「あなたが離れていて、個人的なゴールをもっていると、とてつもない緊張があるために、あなたの覚醒は非常に狭くなります。ただ明け渡しましょう。存在があなたを運んでゆくのを許しなさい。」

さらに「傷つきやすさ」のカード
 「自分を守ってはいけません。保障のない状態でいること、傷つきやすくいることです。明け渡して、自分の信頼を自分のマスターのなかに置きましょう。」
にも通じていく

明け渡し は禅タロットの「流れと共に行く」とシンクロする
 解説書にOSHOの言葉がある
 「最後のものであるがいい、野心なくあるがいい。野心とは上に向かって行くという意味だ。水は下に行く。もっとも低い地を探す。それは何者でもないことを望む。
自分はユニークだ、例外だ、特別だと宣言することは望まない。エゴの観念はない。」

野心なくある、個人的なゴールを持たない は
禅タロット、大アルカナⅢ「創造性」のカードの
 「私たちは自分が創造したものを自分のものとして所有することは無い、ということを覚えておきましょう」とまたシンクロする

ネオタロットの「創造性」
  「あなたが創造的になれなかったら、エネルギーは破壊的になる。」
   をこころしておこう

この創造と破壊は 女神のカード「カーリー」と共振し
カーリー神はアーナンダマイ・マーにつながっていく

禅タロット、虹の騎士「スローイング・ダウン」をみてみよう
  「たとえ欲望や期待や夢が色あせて消えていっても、その方がずっといいのです。それらが消えていくことによって、静けさ、そして、そこにあるものを受け入れるという、新しい質のための場所がつくられます。」

こうしてみるとこれらのカードは一貫して

 明け渡し  期待を手放す  
 急がない  創造の海のなかでくつろいでいること
 生を信頼し受容的でいること   を示している

そして 
 創造の力は強いのでエゴがあると破壊的になる
 そのエネルギーの使い方に醒めていよ    のメッセージをふくんでいる