Holy Fool

つかの間の私を、永遠の私に捧げなさい Sri Anandamayi Ma


コメントする

何度めかの断捨離

DSCN2706

空間が美しくなるのはあった物がなくなって
拭きそうじをした後だと感じている

今回は「斉藤一人流すべてうまくいくそうじ力」を読んで気分をもりあげた
これまでに「ガラクタ捨てれば未来がひらける」「断捨離のすすめ」
「掃除道」「片付けの習慣」「人生がときめく片づけの魔法」などなど
そうじモードになる本を読んでは片付けてきた

とにかく 捨てる ことが大切なのだが

削除はしてもゴミ箱に入ったままのコンピューター状態
そんな感じが続いていた

必要ない 役にたたない とわかっていても
捨てる のにははずみがいる

もうずっと手付かずのままだった油絵コーナーに
とりかかった
油彩を描いていたのはいまから25~30年前になる

手元に残しておきたい作品の他は処分ダンボールに入れた
描きかけていつか続きをかくだろうとおもっていたものだ
書を習っていたときの黄ばんだ紙もでてきた
壊れて使えそうもない古い額

本は46冊をVabooというところに出した
いつもは近くのブックオフに持っていくが
雪道だし 送料無料で宅配業者が取りに来てくれるので
はじめて利用してみた
買取4700円くらいだったかな

衣類は毎年チェックしている

書類は全捨て とこんまりさんは言っているが
なかなかできない
紙に書くタイプなので愛着?がある

しかし紙と布に古いエネルギーがたまりやすい
と友人からきいた

自分個人の物の他に家のもろもろの断捨離も
毎年少しづつやっている
これは私の役目だとおもっている
父が亡くなった去年はかなりのエネルギーを注いだ

おまけに昨年は台所のリフォームで
食器、調理器類を捨て
今年は畑の小屋が大雨で流され、解体後
何度か軽トラでゴミ処理場に捨てに行った

これだけ物を収める空間があったということでもある

空間があると
なにかが入ってこようとするらしい

新鮮な空気を取り入れるためにも
空間が必要だ

新しいものを入れるには
古いものを捨てないと
固まってしまう

 

広告


コメントする

なにかを避けようとするエネルギー

なにか起こってほしくないことを回避するためにどれだけのエネルギーを注いでいるかに気づいてから

積極的受容姿勢になることを決めた

避けるためのエネルギーの半端のなさ
自分のバカバカしさにほとほと愛想がつきたのだ

なるようになる
起こることはすべて正しい

と自分では楽観タイプのつもりでいたが

この部分はどうしても避けたい
起こってほしくない という強いものがひそんでいて

死守するくらいのエネルギーを注いでいたのだ

それを止めて 何が起こってもOK姿勢になったら
タイミングがよくなって
なんだかツイてきた

避けようとするときのものすごいエネルギー
自分にエネルギーがあるのはわかったので
エコの時代 有効活用することにした

もしそれが起こったら といった心配のエネルギーも
少なくなったせいか
問題にみえるようなことが起こっても
おもってみなかったようなカタチで解決策がくるようになった

私の場合は
自分のことを笑ってしまう 時点でなにか転換するようだ


コメントする

引き寄せ?

ここのところけっこうはやいスピードで
いろんな物 ことが出現してくる

こういう情報がほしいなあ とか
これが食べたいんだよ と強くおもうとそれがやってくる

引き寄せのワークとして
紙に書いたり意識的になろうとしていたときは起こらなかったのに
いま 私っていい感じなのね
ラッキー体質になったのね
と 2,3日前まではおもっていた

が きょう視点が変わって
いままでだって引き寄せは起こっていた とわかった

思い通りにならないと
ネガティブにみえるようなことを引き寄せているとおもいたくないのでポジのところだけみて
引き寄せ~といい気分にひたっていたが

なんのことはない
ネガティブにみえる現象、体験も
私 味わいたかったのねっ

おもったらぱっと出てくるのもすごいが
おもいどおりにならない という体験も
アトラクション、ゲームだったらなかなかのもの

肉体をもっている身として痛い、苦しいはイヤだけど
肉体を持ってこそ味わえる体験がある

おもいどおりにならない

という味わいから
おもいどおりになる にちょっとシフトしたのだとおもう

だからおもいどおりにならない もまた
味わえる可能性があるわけで
どちらも同じことなんだ と気づいた

どちらにしても
味わっている自分がいる ということなんだな

この おもいどおり っていうのが
誰のおもいどおりなのかな
ていうのも興味ある

自我である私の?
神である私の?

それである私からみたら
すべてはおもいどおりということになる


コメントする

自然治癒力とレイキ

11月末から12月にかけての1週間ほど
身体がたいへんだった

具体的には口内炎と食道あるいは胃の炎症

口内炎は歯の治療が大きな原因のひとつだが
食事療法後あれこれ食べたいものめじろおしで
徐々にではなく一気にもとにもどしたことも要因だとおもう

大きな口内炎が二つ右側ほっぺ内側にできて
一時期 口をあけるのもつらく
おまけに寒さとかさなって身体がこわばって頭痛

もうひとつは鍋ものの豆腐
もうもう 熱いのなんのって これまで最高の熱さ
すぐ水は飲んだけど 食い意地がはって
その後も食べ続けたのがよくなかったのかも

翌日から食べ物が通るたびみぞおちの上あたりが苦しくなり
熱い飲み物がダメになった
かなりさましてからでも違和感があった

ヤケドをしたんだろう
そのうちなおるかな とおもっていたが
4日ほど経っても重苦しくだんだん心配になってきた

ネットで検索すると私と同じく熱い豆腐でたいへんだったひとがいて
そのひとは気を失うくらいだったらしい
でもいつのまにかなおったということでちょっと安心した

口内炎はうがい薬でうがい殺菌するのが一番よいらしいことを
これまたネットで調べてやってみた

どちらも唾液とかで自然になおるものなのだろうけど
ピークの時はほんとつらかった
それもほぼ同時に起こり
どちらも食べ物拒否状態

医者に行くことを考えながらも
自分の身体は自分で癒せる
そういうことに決めた

スピリチュアルTV とくにテディさんの金鶏塾にはまっているが
テディさんにインタビューしていた地球ひろしさんが
ふとうかんで「レイキ」について語っているヴィデオをクリックした

いまはリコネクションとか
マトリックエネジェティックス、QE など
新しいヒーリングがでてきて「レイキ」が古典のように
感じられていた今日この頃

インドのOSHOコミューンで
私はネオレイキ Ⅰ、Ⅱのアチューメントをうけている

すっごく手から気がでているときと
そうでないときと私の場合ムラがあるように感じていた
たぶん気持ちのノリだとおもうが
このところは全然通ってない感じだった

地球ひろしさんの話がとてもタイムリーで
やり方の復習と
なんと長く使ってないときの再発動のしかたまで
ていねいにおしえてくれたのだった!

初日はいまひとつの感覚だったが
とにかく自分の身体にレイキし続けた

すると翌朝 治癒力がグーンと働いているのを感じ
その後手からジンジンくるのが強くなった

地球ひろしさんは鞍馬山に60数回登っているらしい
私はだいぶ前だが友人のご縁で京都に行き
一度ひとりで行ったことがある

口内炎と熱い豆腐での炎症が重なったときは
食事療法のあとにこんなになるなんて と
自分の不注意をなげいたが

結局 自分が持っているすばらしい宝をおもいだすことになった

宝も使わないと
宝の持ち腐れ っていうことばがあるくらいだからね