Holy Fool

つかの間の私を、永遠の私に捧げなさい Sri Anandamayi Ma

「心と食物と人相と」

コメントする

食事療法前はときおり鼻づまりがして
鼻をかんでもすっきりしなくて
鼻の奥が粘ついている感じがあった

気づくと いまはスースーとおっている

また足の裏をもむとある部分が触れただけで痛かったのに
それがなくなってしまった

視力は相変わらずのようだが
3週間目くらいから常に疲れていて重かった眼が
いまは違和感なく普通になった

食べ物は不思議だな

谷口雅春「心と食物と人相と」をアマゾンの古本から取り寄せて
読んだ
このところスピリチュアルTVのティディさん「金鶏塾」にはまって
よくyoutubeヴィデオなどみているのだが

その中で谷口雅春「生命の実相」をすばらしい本として
紹介していた(読むのなら1巻と7巻がおすすめということ)
ティディさんがこんなに言う「生命の実相」とは とアマゾンで
検索していたらこの本をみつけた

「生命の実相」のほうは注文しないでこの本を頼んでしまった

生長の家についてはくわしく知らないが
以前インドで言霊の本をみせてもらった記憶がある

初版は昭和51年
肉食の害というか 肉食がいかに不自然かを
仏教的な観点から説いている
ここ10年くらいの話ならわかるが
肉は栄養があって身体にいいと誰もがおもっていた頃に
この本は出版されたのだ

事情で肉食しなければならないときは
懺悔と感謝のきもちをもって食すると
たとえば牛肉なら牛が成仏する

同じ生き物でもなぜ魚は小魚ならOKなのか
野菜は食べてもらうことで命をつなぎ調和がとれる など
なるほど~という内容だ

顔も食べたものに似てくると書いてある

「生命の実相」の本は読むだけで病気がなおる
と言われたらしい

この「心と食物と人相と」の中にも
獄中のひとが谷口雅春氏の本を毎日読んでいたら
南京虫がすべていなくなった とか
その後処刑を免れることになった などの話がでてくる

この部分を読んだとき
以前なら奇跡ととらえていたことが
いわゆる個としての自分がいなくなって
ひとつ になっていたならそれもあるだろうなあ
と自然におもえた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中